リビング


© 上田 宏

リビング

ずっと家の中でテレビとソファーが一等地を占め、リビングという名前がついているのが疑問だった。
結婚して最初の住居は立地だけで決めた50平米程度のマンションだったけれど、テレビを置かなかったため、2人ぐらしでも十分な広さがあったし、「コンセプト`3-1 暮らし中心の設計」のとおり、新しい家ではもう一度家族の過ごし方に合ったリビングを作ろうと考えた。

Sさんからの提案は、薪ストーブだけ設置し、あとは自由なスペースにするというものだった。

僕なりの解釈だけど、各々が好きなように過ごせる場所だと思った。おもちゃで遊びたければ遊べばいいし、工作したければすればいい。くつろぎたければ薪ストーブに火を入れ、ラウンジチェアを置けば、それ以上何が必要だろうか。

こうしてテレビを置かないことで生まれた、自由で美しい空間が僕らのリビングになった。

 

図書コーナーとつくりつけのソファ

家づくりを考え始めるまえ、漠然と図書室がほしいと思っていた。けれど、住宅を高断熱化しスペースを絞るイメージが出来、あらためて考えてみると、引っ越しの多かった我が家は蔵書の大半をスキャンしていることに気がついた。

もう紙の本は写真集と絵本くらいで、増えるのもそれらとお気に入りの作家の小説くらいだ。

Sさんと相談し、リビングの角に大工造作で本棚と、ちょっとしたソファを置くことにした。ソファには詳しくないのでお任せし、僕からのリクエストは「洗えること」(子供がいるとすぐ汚れるので必須)と「動かせること」(将来のレイアウト変更に対応できるよう)の2点をお願いした。

クッションは布地を選び、Sさんがいつも依頼しているという長野県内の製作者さんによるもの。クッションを外すと一応収納になっていて、いつも使っていないものをしまっている。

コーヒーを置けるサイドテーブルはコンセント付き。

座るとテラスやその上の屋根も見える贅沢な雰囲気で、窓ふきとかどうするんだって思ったけど、ここに窓があってよかった。


© 上田 宏

床:クリ無垢材
薪ストーブ:JOTUL F305 外気導入
炉台:コンクリート平板
ソファ:家具造作
クッション:小林椅子製作所
本棚:大工造作
窓:YKKAP APW431, APW430, ウッドテック秋冨(Low-Eトリプル)
天井照明:Panasonic
壁照明:Koizumi
 

テラス


© 上田 宏


© shiro

ウッドデッキ

まだ土地探しをしているときから、本物の木で作ったウッドデッキが欲しいと思っていた。
昔からカフェやレストランではテラス席が好きで、大抵の季節はそこでビールを楽しんでいた。屋外席は喫煙か、またはペット同伴でないと座れないお店が増えたのはいつ頃からだっただろうか。そのどちらも満たさない僕は、タバコをやめた唯一のデメリットだななんて思ったものだ。

ウッドデッキ自体が好きというわけではなくて、朝パンをトーストしコーヒを入れテラスで食べたり、昼や夜に料理を作り冷やしたビールと一緒に外に出る、そういう時間が欲しかったのかもしれない。

木でウッドデッキをつくるというと、これは造作バスでも同じことが言えるんだけど、腐って危ないよとか、すぐだめになると周りから忠告を受けた。
そこで調べると、僕のリサーチ(大袈裟だな)によれば、短い期間でダメになるウッドデッキには、いくつか特徴がある。

 1.下が地面で湿気にさらされる
 2.材質がSPFなど耐久性のない木材である
 3.屋根がかかっておらず雨雪、紫外線の影響を受ける

ウッドデッキの耐久性は、まず基礎から。湿気を防ぐため土に束石置きや砕石敷ではなく、家の基礎工事とあわせてウッドデッキにもコンクリート基礎を打った。これで湿気や土中の腐食菌を心配せずに済む。
またコンクリートは基礎と同時に打設したので、ケイ酸塩系含浸材を2度塗りし非常に高耐久にした。これでもし万が一デッキがだめになっても、水平出しとか土をいじる工事は不要で木だけ変えればよい。

木材はレッドシダーとヒバ。調べるとウリンやアコヤを使いたくなってくるけれど、全部でそれをやっていたら建たないので見積前に断念。塗装は耐久性向上のためウッドロングエコを塗った。経年により変化した写真を見ても、すごくいい風合いで楽しみにしている。

テラスを日頃からアウトドアリビングとして、自然の中で朝ご飯を食べたり、昼下がりにビール飲んだりするには屋根が必須だし、耐久性の点でも長持ちのため雨をかけたくないから屋根のラインに合わせた形になった。この先端どう考えても使うことはないんだけど、こんな尖ったデッキって見たことないしかっこいい。

リビングから外に出て鳥の声を聞き、ふと足元を見ると目の前の雑木林を通過した光が、デッキに影を作っている。
その時ここに家を建てて良かったと、ふと思った。


© shiro

デッキ材:ヒバ
土台、大引、束:レッドシダー
塗装:ウッドロングエコ2回塗り
基礎:鉄筋コンクリート(24-15-20N)

 

パントリー

パントリー

パントリーは、災害時に72時間分の食料と飲料水を確保する観点から容量が大きくなった。
昔はこういったオープンな収納は苦手だったけれど、建築雑誌や宣伝ではなくインスタグラムで実際に人が生活している家々の写真を目にするようになって、適度な生活感がありそれで暮らしが営まれている雰囲気が美しいと感じるようになった。
今では生活感のない、つるつるした雰囲気は苦手かも。棚は大工造作だけど腕が良く、納まりもすっきりしており建築関係者が我が家に来ると決まって絶賛する。

棚:大工造作(タモ集成材)
コンセント:JINBO NK
 

ワークスペースと充電基地

キッチンのそばで書類仕事や、パソコンしたりするスペースが欲しかった。
そこでパントリーの一辺をデスク用に100mm下げ700mmとし、配線用溝を掘り下にコンセントと棚板を作った。

キッチン内で冷蔵庫が見える場所に出るので、プリント類は隠しながら張り付けられるようワークスペース一面をホーローパネルにしてある。
磁石がつき、手垢はつかず冷蔵庫と同じ感覚で使える。これはガルバリウムとかの方が安いけど、実家のシステムキッチンがホーローパネルで劣化しないのを知っており採用した。
汚れ知らずで、拭くのも楽だしそれでいて工業製品ぽくなく満足度は高い。

デスクをつくると、その左側隅にデッドスペースが生まれる。ここを蓋付の充電基地にした。
最近はバッテリーを積んだガジェットが多く、どうやっても配線がごちゃごちゃしてしまうし、あれどこだっけ?や使いたい時に電池切れということが多い。あらかじめ造作で電源内蔵収納を作っておけば、美しくすっきり隠せて定位置管理でき、電池切れの心配もない。
こうした造作は、たいてい蓋の上にモノを置かれてストレスを感じるものだが、窓があれば塞がれずに済む。

大きさはw450 x d650 x h100、入れ方を気にしない程度には余裕がある。

机:大工造作(タモ集成材)
窓:YKKAP APW430
充電基地:大工造作
コンセント:JINBO NK

 

キッチン


© 上田 宏

 

キッチン

キッチンは珍しいU字。4.5畳のスペースに、通路部分を広めに1,300mmとった。僕らは夫婦2人共キッチンに立ち、同時並行で料理する機会が比較的多く旧来のキッチンだとストレスを感じる。これだけ広いとお互いが邪魔にならないけれど、一人で料理するときはもっと凝縮されていたほうが作業効率はいいと思う。

水栓はHitsで特売のものを使用。その他機器施主支給バリバリで、本体の材質もかなりコストダウンした。最初建築家さんに勧められた無垢のキッチンには未練がある。

食洗機は Mieleの600mmサイズ。25周年記念モデルとやらで建築家さんのイチオシだったので、そのまま採用した。うちは食器少ないから小さいのでいいかなと思っていたけど、大きな鍋やBBQの網も入るので家事を楽にするメリットは大きい。

IHは Teka、w800mmで横3連のもの。幅広で3つ連なってが使いやすい。ただこれアイコンが意味不明なんですよね。あと天ぷらモードもないのに、チョコやチーズ溶かす機能は搭載している、、、

IHの前の壁はタイルをはらず塗装で仕上げた、タイルあったほうがかっこいいと思うけど、目地の掃除から開放される喜びは大きい。

 

工夫した点

シンクによく見る洗剤ボトル、スポンジ用の切り欠き。普通に作ると、オープンキッチンの我が家は南(リビング)側から丸見えになってしまう。
そこでシンク内に横穴を開けスポンジを収納し、洗剤はボトルを置かずに済むようソープディスペンサーを埋め込んだ。

シンクの下はゴミ箱収納にしている。幅800mmあるので、もっと幅広で容量の大きいゴミ箱を使いたいのだが市販品でないのが悩みどころ。製作を検討中。

改善したい点
・シンクの前がフラットで、水栓からの奥行きがないため、リビング側への水ハネが気になる
・キッチンの床材も他と同じクリのフローリング、水には強いけどアルカリには弱い(後述)

キッチン本体:家具造作
天板:ステンレスヘアライン仕上げ
側板:タモ合板フラッシュ
水栓:Grohe CONCETTO(施主支給)
IH:Teka IZ8320HS(施主支給)
食洗機:Miele G 4920 SCi(施主支給)
換気扇:富士工業 CNSRF-RKH-751
換気扇は前澤パッシブハウスくらいでしか見たことがない外気導入付循環型にしました。別エントリで書きます。

 

ダイニング(子ども部屋)


© 上田 宏


© 上田 宏

子ども部屋は、「コンセプト3-3 内的環境変化への対応」でも挙げていたとおり。この家を最低50年使うとして※ そのライフサイクルで必要なのは10年程度なので、はじめから個室が必要になったら区切り、不要になったらまた戻せるようにしようと考えていた。

そこで9畳のスペースを4.5畳づつ区切れるように、窓、コンセントを対称に配置。天井の照明も9畳の中を2系統に分け、3路スイッチをそれぞれに配置した。

間取り的にはキッチンの横に配置。こども部屋が不要の期間はダイニングとして使うので、シーリングライトを取り付けれるようにした。


© 上田 宏

床:     クリ無垢フローリング
ダウンライト:Panasonic 傾斜天井用ダウンライトLED
スイッチ:  神保NK
南側窓:   YKKAP APW431 大開口スライディング
北側窓:   YKKAP APW430 ツーアクション
コンセント: 神保NK+大和電器USB

※平均寿命まで50年近くあるし、この先軽井沢から離れても、別荘として使うつもりでいる。
 

ルンバの部屋

玄関からLDKに向かう廊下の途中に、ルンバの部屋を作った。
ルンバの効用については、ここで書くまでもない。物をあまり持たない僕ら夫婦にはぴたりと向いていて、家を建てる5年以上前から便利に使っていた。

開口はw: 400mm, h: 200mmと大きめ。もう少し目立たなくても正常に動作することは確認済みだが、ルンバの進化を考えるとゴミをためる部分が大きいバージョンも今後発売されると思う。

横から見たところ。寝室の収納下部を使用している。最終的にはドックでルンバ自体を掃除するようになるだろうから、拡張できるよう納まりを工夫した。

開口部:  ヒバ
床:    シナ合板
コンセント:神保NK
蓋:    タモ集成材

 

追記:その後こうなった。

 

玄関


© 上田 宏

玄関

玄関を入って正面に中庭が見える。
玄関から中庭に出れるようAPW430にしたけれど、FIXのほうが見た目はかっこよかったかもしれない。

玄関ドアは高性能窓のアキフフェーンスターで知られるウッドテック秋富にて造作。ガラスはもちろんLOW-Eトリプルを使用しており、非常に重い。金具をつけてもやっぱり年長さんにならないと空けられないくらい重い。
そして気密性能は造作なので、実績のあるガデリウスと比較すると確実に落ちる印象。

インターフォン連動電子錠の構成も考えたけど、金額が2桁万円になってしまい、しかも拡張性もない。そこでSesami miniを取付しリモートコントロール可能にしている。

玄関の内外は人感センサー付き照明。

玄関ドア: 建具造作(ヒバ、Low-Eトリプル)
床:    モルタル刷毛引き(断熱区画内)

 

廊下

工事の様子を見ていたら、わざと天井を下げてトンネルのようにしていた。建築家さんに確認したわけではないけれど、暗さがあるから明るさが引き立つのと一緒で、この狭い廊下を通るからLDKの空間が引き立つのではないかと思う。
優れた建築家と一緒にプロジェクトをするときは、「天井を2.4m以上」だとか「神谷のフルハイトドアを使いたい」といった具体的な注文はしなくていいし、するだけプロジェクトを混乱させると思う。

僕らが提示するのは、何を目指しどう暮らしたいかだけで十分なのだ。

廊下も人感センサー付き照明。

床:    クリ無垢材
巾木:   ヒバ
 

セキュリティドア

ゲストが和室に宿泊した際の動線分離の為、ドアを埋込している。鍵は玄関とマスターを同じにした。
このドアがあれば僕らが不在でも、ゲストは玄関から和室、トイレやお風呂、洗濯機を使用することが可能になる。

離れを作ろうかというアイデアもあったけど、商売で旅館をするわけではなく、あくまでたまに使うだけなので安い水回りを2つ作りより、1つのお風呂に費用をかけた方が満足感はあると思う。

セキュリティドア;建具造作
 ・両面和紙張り
 ・グラスウール充填
 ・ケースハンドル
 ・面付シリンダー錠

 

断熱工事

断熱について書くと長くなる。

もともと、コンセプトのエントリーの通り、高断熱高気密は「長く陳腐化しない家」の一要素でしかなかった。
ところが、書籍等を読むうちにその奥深い世界にすっかり嵌っていくのだった。

以前のエントリのとおり、様々な団体が色々な考え方を披露する中で、パッシブハウスの考え方に正解※ を見つけた僕は、その道の一流の方々に直接教わることにした。
新しいことをするときは、いつもそうやって一通り本を読み、第一人者を見つけ、なんとか直接コンタクトする。

土地を購入してから3ヶ月後、2017年6月に京都でパッシブハウス・ジャパンの建築建築診断士セミナーを2日間受け、建もの燃費ナビを使っての燃費計算を教わった。
セミナー、懇親会では主催者と直接情報交換も出来、その後、いろいろな高断熱住宅を見学しに行くことが出来た。
建築として、そして設計者の考え方として特に印象に残ったのは以下の5つ。

・前沢パッシブハウス(富山県黒部市)

・熊谷パッシブハウス(埼玉県熊谷市)

・Eco家(埼玉県川口市)

・軽井沢パッシブハウス(長野県北佐久郡)

・POLHAUS(新潟県新潟市)

軽井沢でパッシブハウスの性能を実現しようとすると、暖房需要15kWh/m2・年というハードルは極めて高く、数年前はわからないが2018年の建設コストでは完全に予算オーバーとなってしまった。
もともと高断熱は要件にあったものの、パッシブハウスまでの性能は求めていなかった。基本設計時に季節による日射取得と遮蔽が考慮されており、素性は良いが、2階建ても作れるほどの空間を持った平屋のため、平米あたりのエネルギー使用量では不利となる。

とはいえ実際に住むのは2次元ではなく3次元、平米ではなく立米なので、計算上有利にするために気積を抑えるのは求めるところではなかった。
見学時に、どの程度の性能でどう感じるのかメモをし、各設計者や施工会社と情報交換をして、最低限パッシブハウス・ジャパン推奨エコハウスゾーン以内の家とすることを決めた。

材料だけでなく施工まで含めたコストパフォーマンスを検討するため、様々な断熱気密仕様はあらゆる材料の単価見積を取り、施工と監理の手間や確実性も考慮したうえで、今回は以下の構成とした。

基本的な考え方としては断熱材自体は何でもよく、厚みまで含めた性能を理解し、正しい設計と施工が寛容。ただいろいろな住宅メーカー、工務店、施工会社、商社と話をしてみても本当にわかっている人が非常に少なく、材料メーカーはポジショントークばかり。パッシブハウス・ジャパンのトップランナーは建物にあったものを選定すればよい、家の性能は冷暖房需要というものさしで測るという考え方が良いと思う。

屋根
付加断熱:ネオマフォーム (0.020W/mK) 100mm 気密テープ
充填断熱:フォームライトSL-50α(0.026W/mK) 150mm


付加断熱:ネオマフォーム (0.020W/mK) 45mm 気密テープ
充填断熱:フォームライトSL-50α(0.026W/mK) 100mm

平屋のため、通常の家より高さが低い部分もあり、それほど外壁の面積は増えてはいないが、屋根は圧倒的に面積が増えている。
家が寒くなるメカニズムを考えると、家の中から外への熱の移動は放射冷却。宇宙のほとんど絶対零度に向かって熱が逃げるのを防ぐため、屋根断熱には力を注いだ。この断熱仕様で高性能GW16t 400㎜以上の性能がある。

付加断熱をネオマフォームにした理由は、隣地後退が厳しく南北で7m取られたことから壁厚を厚くすることができず、限られた厚みの中で少しでも熱抵抗の高いものを選定する必要があったためである。意匠的にも今回はあまり窓が凹んでいない、軽い感じの見た目が場所と建築の雰囲気に合うかなと考えた。またいろいろなパッシブハウス、エコハウスを見学する中で、事例が多数あり経年劣化が少ないことも選定理由となった。

充填に硬質ウレタンを選択したのは、家の形状と配線があまりにも特殊でありGWでは断熱気密が難しいスペースが多い点があるのと、限られた壁厚で性能を高めるため。ただし、一口でウレタンと言っても発泡倍率が100倍などのものは、透湿抵抗が低く熱伝導率も高い。こちらから品名は指定せず、発泡倍率が低く透湿抵抗が高い中で熱伝導率の性能も良いものをリクエストした。

充填断熱は、責任施工でトラックがやってくる。
工事が終わり家に入った瞬間しんとして静かで、なんとなく暖かい不思議な感覚がしたが、大工さんも口々にそう思うと言っていた。冬の現場ではコンクリの上に、ネオマフォームの端材を敷いて休憩すると全然違うそうで、更に充填でここまでやってるからとのこと。

断熱については窓の役割が大きいのだが、次回からWeb内覧会なのでそこで書くことにします。

※あえて強めに書くと、住宅は初めて建てるが、データセンターのPMとしては密度濃く最先端の仕事をし、冷却と省エネルギーについて膨大な時間費用を費やしてきたので自信がある。

上棟

棟上げの日は賑やかだった。

2018年の梅雨は短く、初夏の軽井沢らしい強い日差しの中、樹々が茂っている。
普段2−3人の現場が、この日は何人の大工さんが来ていただろうか。あっという間に進んでいく。

とはいえやはり屋根は慎重に。ミリ単位での調整と水平垂直出しが続きドキドキする中、形になるのが嬉しく、思わずカメラを構える。

ファインダーの中には、基礎だけの時には想像できなかった、キッチンに立ったときに広がっているだろう風景が、構造のフレームに切り取られ収まっていた。

野地合板を貼ったところで空撮。露出オーバーで屋根の形がわかりにくい。

第1案提案時の模型。

さて、上棟式をやるかやらないか。最近では全く見なくなったけれど、でも僕には絶対にやりたいことがあった。
僕が子どものころは通学路で基礎工事が始まると、その前を通るときそわそわしたものだった。それは他の子どもたちも同様で、学校での雑談でも決まって今日家つくり始めた、だれの家だなどの情報は集約された。

家を建てる建て主は小学生の子供を持っているか、友達の兄弟に小学生がいて、自然と通学区の上棟式の情報は集まって来る。
あの時の餅まきはなんであんなに楽しみだったんだろう。

気がつくと全国画一的な家が立ち並ぶ風景から、そのような地域のちょっとした、でも施主にとっては一生もののイベントを、目にすることはなくなっている。
自分の子どもや甥っ子が、この先僕らと同じワクワクを感じる機会はあるのだろうか。

ごち餅は、地元の和菓子屋さんに拵えてもらった。普通は2合ぐらいといわれたけれど、せっかくだから3合撒くことにした。

餅には砂糖が入っており、非常に柔らかくおいしい。子どもたちが両手に抱えきれないくらい拾っていて、すごく楽しそうだった。

棟上げ当日と翌日は防水まで早く仕上げたい。そのため工事を優先し、上棟式は後日にした。
よく行く日本料理屋さんで作ってもらった折詰を上棟式のあと、皆でいただき、建築家さん大工さんと話をする。大工さんにとっては面倒な工事だと思うのだけど、「勉強になりました」と謙虚におっしゃっていた。

自分なりにただ物を買うように家を買うことが建築と言えるのか、疑問だったし文化的なものを残したいと考えていた。
大工とか職人技というのも、日当いくらとしか比較されない時代。週休1日で働いて、道具車両自分持ちで、でも単価は叩かれやすい方に流れてでは持続可能性がない、それで長持ちする家が欲しいなんて虫がいい話だと思う。

次回は断熱についてです。

木工事

基礎が終わりいよいよ木工事。

建築家さんの初回提案で感動して、ほぼそのままでお願いしたのは以前書いた通り。

だけどその白模型を見たときに、失礼ながらほんとにこの形で建つのかな?と心をよぎったのは事実だった。

1本1本長さも角度も違い、勾配も4面違う屋根の形状。

お願いした大工さんは建築士資格もお持ちで、自らもCADで図面を検証。図面上では成立しているけど、実際に建てられるか、見積検討時に1/10軸組模型を作成されていた。
こういうの、城の見学とかでケースに入ったのは見たことはあるけれど、、、屋根だけ見ると家というよりF-117 とか一昔前のステルス機っぽい。

大変な仕事を頼んでしまったのかもしれないと思い、棟梁に尋ねると、
「大丈夫、建ちますよ。だけど40年やってきて個人住宅では一番難しいかも。だから自分たちでできる準備は全部やって、模型も組んで問題の起きそうなところをチェックしたんです」とのこと。

その心意気が嬉しかった。できますと言ってあとから駄目でしたと言うのはプロの仕事では許されない。PMでも、楽観の中に慎重さと念入りさを持つタイプでないと難しい案件はできなかったのを思い出した。

さてここはプレカット工場の片隅。屋根が複雑なため今回機械ではできず、大工さんが手刻みをする材料が多かった。
模型を前に確認しながら、大工さん3人で刻んでいく。

模型の棟木。角度がついている。

これ、わかります? 別の部分ですが105角の柱にこんな角度をつけていく。

手刻みの様子を見たあとで、プレカット工場も案内してもらった。
とても整理整頓されていて、すごいスピードで加工されていく。もともと、すべて手刻みでと言うような幻想はなかったけれど、これを見ると機械でできることは機械でやるべきだと感じた。ホワイトカラーの仕事と一緒で、機械にできないことを人間はやらないと生き残ってはいけない。

次回はいよいよ上棟です。