ディテール:有線の終りとIPv6インターネット

オタクにとってインターネットは人権。事前にすべての手続と工事、設定を済ませ、Wi-fiまで使える状態で引っ越しをした。

光ファイバを敷地境界付近のポールで受けて埋設し、クローゼット内の造作ラックで立ち上げ、ONUに接続。

クローゼット

ポールは倒木による停電対策を盾に減額を押し通したが、単に見た目の観点で家に支持点がつくのが嫌だった。それはモーターショウで美しく存在を放つ発売予定モデルが、ディーラーに展示されると法規制やナンバープレートといった細かな積み重ねで一気に輝きを失う、そんな事態を恐れる購入検討者の気持ちに近い。

模型で見て第1案で決めたシャープな立ち姿の軒先に電線やファイバが伸び、ゴテゴテ取り付く姿は見たくなかった。

 

2次側は金融IT時代の先輩が、家造りのときに余らしたTSUKOのCat.6ケーブルをもらい施主支給した。のちのちの技術進化時にケーブルを交換できるようPF管内に配線しすべての部屋にLANコンセントを設置した。

住宅の工事は今回が初めてだけれど、驚いたことに通信ルートという考えがなかった。在来工法の場合、一般的に通信用の経路は、通せるところに通すのだという。

施工も電気工事の方が行う(コンセント周りをいじるのは電気工事免状が必要となるためそれ自体は住宅なら合理的)ため、カテゴリ違いやRがキツイところなど出るだろうことは想定できる。気になる人は自分で図面を書いたほうがいいと思う。

回線はフレッツ 光ネクスト ファミリー・ギガラインタイプ、プロバイダはSo-netでIPv6 IPoEオプションを申し込んだ。
(NURO光や、より早いauひかり ホーム5ギガ・10ギガはサービス提供範囲外。)

Wi-FiルータはIPoE対応(DS-Lite, MAP-E両方)とメッシュの観点からWTR-M2133HPを選定。屋外にある気象センサーやIPカメラにも電波が届いており使い勝手は悪くない。

心配していた人口が増えるGW、お盆でも問題ない速度が出ている。
ちなみに有線接続すれば500Mbps程度出ることもあったけど、もう家のMacBook Proどころか、会社用のSurface LaptopにすらRJ45がない時代。1年半ものあいだ、本当に1度も有線LANを使わずに生活している。

***

ここまで読んでくれた、「CAT6 家」「LAN PF管 Web内覧会」などで検索してきただろうあなたに書く。6Aや7なんて方もいるかも知れない。

現実では、大容量の動画にとTVの近くに設置されたRJ45が、子どもたちにいつか「これなあに?」なんて聞かれる日は近い。HDMIにさした親指ほどのスティックで、世界中のコンテンツにアクセスできてしまう時代だ。

地上波、衛星用と2系統の同軸ケーブルも屋内はLAN同様張り巡らせたが、気がつけばアンテナすら建てないまま、これまで生活できてしまった。

自宅で仕事する時代が来るからと、こだわりのケーブルをすべての部屋に敷いた選択が間違いだったと言うには、この家のライフサイクルからするとまだ早すぎる。

だけどちょっと硬いCat.6ケーブルを配管に入れ家じゅう配線する行為に、減額時も疑問すら持たずどれほどのコストが掛かったのか把握していないが、検討くらいしても良かったかなと、ギークの僕ですら今や感じる時代になった。

電子レンジ?家電からの漏洩電波は今後より厳しい基準となるだろう。

通信速度?もうわかっているはずだ、無線LANの通信速度の進歩に。技術は平等には進まない、進みたい未来のために頭脳と資金が配分された方向へ向かう。
これまで長年使われてきた端子は今後もクラウドの中身や何かでは活用されるだろう、だけどもう我々が買うガジェットにはRJ45がついていないじゃないか。

オーケー、新居での生活を想像しよう。毎日お気に入りのタイルを使った台所で、揃いの調理器具で料理し、素敵な食器にサーブする。家族一緒のいただきますは、もちろん欲しかったあのダイニングテーブルでだ。

そこにLANケーブルが出てこないなら、再考することで、どれか一つくらいは実現できるかもしれない。1度も使わずとも同軸の削減は勧めないが、引込柱もやめれば、それら全部にYチェアを追加するのも無理ではないだろう。

 

ディテール:ペンダント

ダイニングのペンダントはlouis poulsen と決めていた。
個人的にはボリューム感と主張のある器具が好きだけど、建築家さんの決定は Toldbod 155 を1灯のみとのことだった。

Toldbod 155

高さは、テーブルから600mm。移住仲間の知人に依頼して発注。


検討している様子。

ちなみにその知人の指摘でフラットシーリングカバーなるものを知った。通常のシーリング用器具を取りつけず、天井内に収められるカバー。
言われてみると海外の建築例写真ではよく使われている。
勾配天井でも違和感なく、これから建てる人にはおすすめだと思う。


https://www.connect-d.com/c/18/290/954/lp-lb801-2

内部の電球は唯一の白熱灯。消費電力低減のため調光含め他の照明はすべてLEDにしているが、現状食卓は白熱灯が落ち着く。乳白色のガラス全体が柔らかく浮かぶ雰囲気がとても良く、建築家さんの言うことは素直に聞くものだと思う。

 

ディテール:外壁

家の美しさに係る部分は全て建築家にお任せすると決めた僕ら夫婦は、外観形状同様、外壁についても材質や色のリクエストはしなかった。
詳細設計でカラマツにしたいと聞き、木の種類に詳しくないこともありどんな木か調べてみた。

全国で3番目の森林面積を誇る長野県。その森で最も多い木が、寒さに強く杉やヒノキの育たない高地でも育つことのできるカラマツ。
一番気になる、木を外壁に使って腐らないのか?という点については、海や河川の工事用資材にも使われるほど水には強い材だという。

1999年に旧丸ビルが取り壊された時に、1920年(大正9年)に生木のまま埋められた地中杭の松柱が、約80年の時を経て三菱地所により地下から引き抜き調査が行われた。
目立った腐食なくほぼ当時のままの姿を見せた脅威的な生命力の松が、2002年に完成した現在の新丸ビルに展示されているのは有名な話だ。

工事終盤のとある週末。まもなく引き渡しになるのを待ちきれず、子どもたちと一緒に現場を見に行った僕らの目の前に、足場が外された外壁が真新しく輝いていた。
カラマツの板目に樹木が影を落とした様子はただただ美しいが、クリア塗装されたその表面は繊細で、森の中に建つ姿もどこかまだ居場所を探しているかのような違和感を覚えた。

カラマツ外壁

そんな僕の思いを察したのか、大工さんが「数年たつとそれはそれで渋い、いい感じになると思います」と言う。窯業系サイディング等、一般的な外壁材と異なり、経年によって味わいが出るのが無垢材の外壁のいいところだ。

鬼海弘雄さんのポートレートが頭に浮かんだ。たまたま通りがかった人のモノクロ写真にそれぞれの栄光や挫折、悩みや苦しみを見つけ、美しさを感じるのではないだろうか。もし修正によって皺のないつるつるの肌になっていたら、僕らはそれを好きになれるだろうか。

この家は風雨と寒暖、紫外線にさらされ歳をとっていく。僕らと一緒に。

 

子どもたちは足場とシートで囲われていたこれまでの現場から、予想外に対面した家の姿にはしゃいでいた。

カラマツってどんな木だろうと調べた中で、森林資源について書かれたテキストがあった。木は切らないほうが環境にいいというのは素人の思い込みで、人工林は間伐しないと密集したまま樹木が細くなり、根も伸びず土砂災害に弱くなる。また高齢化した木は二酸化炭素の吸収量が低下する。
地域の材を活用することで地元の木材関連産業にお金が落ち、土砂災害に強く二酸化炭素も多く固定できる森が循環する。

地域材利用の仕組みづくりは急務だという。木を循環利用して、これから子どもたちの世代にも森を残す。
「美しく、高性能で、暮らしに寄り添う家」を建てたいという僕らのリクエストに、建築家は素晴らしい答えを用意してくれたと思う。

ふと見上げると、外壁色に合わせて使い分けられた釘が、押縁に一定のリズムを与えていた。

 

仕様
外壁:脱脂カラマツ押縁押さえ
塗装:オスモカラー(外装用クリア)2回塗装、キシラデコール(ブラック)2回塗装
釘:SUS丸頭 
 

透明な壁

今回は窓についてです。
ガラスの天井とか、そういう話ではありません。

この投稿をInstagramで見る

軽井沢は今朝も氷点下。 昨夜19:00以降薪をくべずに夜中は無暖房ですが、室内は21度以上あるので温度計見ないと外が寒いのか暑いのかわからない🤔 朝起きて、薪ストーブつける前に窓のガラス面温度を計測、 #apw430 (431) は19度、木製FIXのトリプルは18度でした。 窓からの冷気が一切なくて、景色の見える壁みたいな気分。とても快適です。 #まだまだこれから寒くなる #軽井沢は札幌並みに寒いらしい #今冬は寒くなるのが楽しみ #YKKAP #全然結露の気配がない #この窓がなかったらこんな大開口絶対無理😱 #引っ越しの片付けが終わらなくて写真の角度が限られる😰 #エコハウス #ecohouse #トリプルガラス

shiro(@460)がシェアした投稿 –

家づくりについて調べる過程で絶対に譲らない項目として決めたのが、すべての窓を樹脂または木のトリプルガラスにすることだった。
なぜトリプルガラスを選ぶべきなのか、その性能については良い本がたくさん出ているので割愛する。

減額で和室からは床框や地袋が失われ単なる白い部屋となっても、3枚のガラスを残した判断は正しかったと、冬だけではなく1年を通して日々感じる。

和室はそのうち漆喰をDIYすればいい。後からだって、あれこれ考え楽しみながら手を入れられる。
でも良い窓に交換するのは違う。工務店に見積依頼をして高額な費用をかけ、住みながら騒音振動を我慢して実現する。どれも初めから世界標準の窓にしておけばしなくていい苦労だ。

窓から目の前の庭と雑木林を眺める。
我が家の快適な暮らしはもちろん建築家Sさんの空間創造能力によるものだけれど、その空間はこの窓の性能によって支えられているといっても過言ではない。

冬は-10度にもなる軽井沢で、大きな窓ぎわの雪景色を側に家族で朝食をとる。窓の断熱性が高くないと、こんな間取りは無理だ。
カーテンを使わず、もちろん結露もない暮らし。

 
YKKAP APW430シリーズ
トリプルガラスでも選択肢は様々だ、例えばパッシブハウスではUNILUXの採用例が多い。価格も僕が建築した当時ではAPW430シリーズとそれほど変わらず、惹かれる気持ちはあった。
でも、せっかく窓が遅れている日本において国産でいい窓作ってくれたんだから、APW430を採用しようと決めた。

日射取得する南側は大開口スライディングとした。
またそれ以外の方位はほぼすべての窓でツーアクションを採用した。この窓は軽井沢や信州の自然豊かなを地で何棟も設計してきた建築家さんおすすめの開き方をする。

ほとんど視界を妨げない網戸が外側についており、レバーを90度回すと内倒しで上部が開き自然換気ができる。
より通風が欲しい場合はハンドルを180度回せば全開でき、窓ふきも室内から虫の心配なく行うことができる。

自然は感じたい、けれども窓を開けて虫が入るのは困る、森に囲まれた暮らしにぴったりだ。
もちろん住宅街でも2階建て以上などで、窓は開けたいけれど小さな子の転落が気になるという家族にもおすすめできる。

これらの窓は設計時「建もの燃費ナビ」で熱取得と熱損失の収支を計算し、減額時に窓のグレードを下げるのではなく、性能に寄与しない開口部を減らした。

***

国産というと昔から樹脂窓を作っているエクセルシャノンと迷わなかったか、これから家を建てるマニアックな人に聞かれることがある。

パッシブハウスで認定を視野に入れている場合は断面構成を含めた情報を開示し、熱貫流率のカタログスペックが正しいことを証明しないと、認定用プログラムPHPPでの計算に使えない。自分たちの製品を厳しい目で検証されても問題ない自信があればできるはず。
それができているのがYKKAPの窓。

レガリス?エルスター?

 
木製FIX
雨がかかる心配が少ない上部のは、地元の木工建具工場で製作した木製窓がはめられている。
勾配に合わせて加工し収められているのはACGのトリプルガラス。

心配だったのはAPW 430/431と異なりアルミスペーサーである点だけど、冒頭のように冬に放射温度計で計測したガラス面の表面温度は1度しか変わらない。

 
この窓が僕らにもたらしたもの

雑木林の木々から芽がいぶくのを見て春の訪れをおぼえ、

夏には一面の緑のなか、心地よい風を流す。

気温が下がり紅葉する秋は、肌寒さを感じることなく目の前の黄金色だけを楽しむことができ、

冬には床に落ちた光が陽だまりを作り、柔らかい暖かさを伝える暖房装置となる。

自然は時に過酷だ。
僕らが和室の内装と引き換えに手に入れたのは、必ずしも人にやさしいとは限らない軽井沢の四季を、感じ楽しむことができる暮らしだった。

 

ディテール:巾木

注文住宅ブログを書く人の多くは巾木にこだわりがあると思う。ましてや建築家による設計ともなれば尚更だが、僕らの場合はまったく考えもしなかった。
家を建てるまで「はばき」の読み方だって知らなかったくらいだ。

こうして家が建ち、友人を招いて「巾木素敵だねと」言われて初めて存在がクローズアップされた。そういわれると面白いもので目に入るようになるし、よそにお邪魔する際も気になってくる。

この天然の風合いが今ではとても気に入っているし、今後の変化も楽しみ。

仕様
巾木:タモ無垢材(他木枠と同一)